ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

CANON LBP Sateraシリーズの新製品

  • SateraMFとLBP15機種を発売

2019年05月09日 クラス最小サイズの“Satera LBP853Ci”などプリンター・複合機15機種を発売
一般オフィスや流通/小売/医療/調剤などにおける各種業務の生産性を向上

キヤノンは、「Satera」シリーズの新製品として、ビジネス向けA3カラーレーザープリンター“Satera LBP853Ci”など計15機種を2019年5月16日より発売します。

新製品は、A3カラーレーザープリンター3機種、A4カラーレーザー複合機5機種、A4カラーレーザープリンター5機種、A4モノクロレーザープリンター2機種の合計15機種です。簡単ポスター作成ソフトウエア「PosterArtist Lite」や業種に合った機能を提供する「アプリケーションライブラリ」と組み合わせることで、一般オフィスに加え、流通・小売、医療・調剤など特定業務のニーズに応え、業務の効率化に貢献します。

■ クラス最小サイズ ※1の高速A3カラーレーザープリンター“Satera LBP853Ci”

“Satera LBP853Ci”は、プリント速度がカラー/モノクロともに、毎分46枚(A4片面)の高速印刷を実現しています。本体サイズは、クラス最小となる約556(幅)×608(奥行き)×403(高さ)mmのコンパクト設計を実現し、オフィスの机上など限られたスペースでも設置できます。オプションの給紙カセット(別売り)を装着することにより段数は最大5段、給紙容量は3,320枚となり、調剤業務における薬袋や薬剤情報などさまざまな用紙への大量印刷ニーズに対応します。大判プリンター「imagePROGRAF」シリーズで採用されているソフトウエア「PosterArtist Lite」にも新たに対応し、最大1,200mmまでの長尺ポスターなどを手軽に作成できるほか、オンラインサービス「NETEYE(ネットアイ)」に対応し、本体稼働状況のモニタリングによるトラブル発生時の迅速な復旧サポートや消耗品の自動配送※2など、本体の停止時間削減と管理業務負荷の軽減に貢献します。また、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズ用に提供している法人向けクラウドサービス「uniFLOW Online Express」への対応も予定しています※3

■ 業種に合った機能をワンタッチで実行できるA4カラーレーザー複合機“Satera MF745Cdw” 

“Satera MF745Cdw”は、本体操作部でワンボタンに集約した一連のワークフローをワンタッチで簡単に実行できる「アプリケーションライブラリ」を搭載しています。診療所で問診票をスキャンし指定フォルダへ格納したり、あらかじめ作成した観光やサービス業等のパンフレットを本体登録する事で印刷や増刷するなど、さまざまな業種で必要な操作をワンタッチで完了でき、業務効率が向上します。

新製品発表の概要

商品名
型番
商品コード
JANコード
標準価格(税別)
発売日
LBP853Ci
LBP853CI
1830C010
4549292125283
318,000円
2019年5月16日
LBP852Ci
LBP852CI
1830C003
4549292084948
218,000円
LBP851C
LBP851C
1830C005
4549292085150
168,000円
LBP664C
LBP664C
3103C005
4549292122039
オープン価格
LBP662C
LBP662C
3103C011
4549292122091
オープン価格
LBP661C
LBP661C
3103C012
4549292122107
オープン価格
LBP622C
LBP622C
3104C006
4549292122169
オープン価格
LBP621C
LBP621C
3104C010
4549292122206
オープン価格
LBP162
LBP162
2438C015
4549292131918
オープン価格
LBP161
LBP161
2438C017
4549292131932
オープン価格
MF745Cdw
MF745CDW
3101C007
4549292121728
オープン価格
MF743Cdw
MF743CDW
3101C012
4549292121773
オープン価格
MF741Cdw
MF741CDW
3101C016
4549292121810
オープン価格
MF644Cdw
MF644CDW
3102C007
4549292121889
オープン価格
MF642Cdw
MF642CDW
3102C014
4549292121957
オープン価格

A3カラーレーザープリンターSatera LBP853Ci/852Ci/851Cの主な特長

1.クラス最小サイズの高速A3カラーレーザープリンター

  • “Satera LBP853Ci”のプリント速度は、カラー/モノクロともに、毎分46枚(A4片面)の高速印刷を実現。本体サイズは、クラス最小となる556(幅)×608(奥行き)×403(高さ)mmのコンパクト設計を実現し、オフィスの机上など限られたスペースでも設置可能。
  • “Satera LBP853Ci”のA4片面印刷におけるファーストプリントタイムはカラー約6.2秒、モノクロ約5.5秒となり、従来機種※1よりカラーで約3.7秒、モノクロで約2.4秒の高速化を実現。
  • “Satera LBP852Ci/851C”のプリント速度は、カラー/モノクロともに毎分36枚(A4片面)、A4片面印刷におけるファーストプリントタイムはカラー約7.4秒、モノクロ約6.7秒を実現。
  • オプションの給紙カセット(別売り)を装着することにより段数は最大5段、給紙容量は3,320枚(64g/m2)※2となり、調剤業務における薬袋や薬剤情報などさまざまな用紙への大量印刷ニーズに対応。
  • 1 「Satera LBP843Ci/842C」(2016年5月発売)。
  • 2 「ペーパーフィーダー・PF-G1」(別売り)を2段と「2段カセットペディスタル・AU1」(別売り)を装着時。

2.流通・小売業などのポスターやPOP作成をサポート

  • 大判プリンター「imagePROGRAF」シリーズで採用されているポスター簡単作成ソフトウエア「PosterArtist Lite」(無償ダウンロード)に対応。専任のデザイナーでなくても、豊富なコンテンツを使ってポスターなどを簡単に作成可能。例えば、スペースのある大型店舗の広告やポスターは大判プリンター、スペースをあまりとれない小型店舗で顧客に配布するチラシやPOPはレーザープリンターで印刷するなど、同一のソフトウエアを使いながら、ロケーションや用途に応じてプリンターを使い分けることも可能。
  • 小売業におけるPOP印刷では、プライスPOP/ポスター制作システムとして多くの企業に採用されている「ポップエース」シリーズと連携。用途に合わせた販促物を必要な時に迅速に制作できることにより、作成から印刷まで販促業務の効率化に貢献。
  • 最大1,200mmの長尺POPやB6ハーフサイズのプライスPOP、最大300g/m2の名刺など、幅広い用紙サイズ/種類に対応。様々な販促物を少量枚数でのオンデマンド印刷が可能になり、ユーザーのコストや時間の削減に貢献。
  • 新たに搭載した「POP印刷最適化モード」により、ポスターやPOPなどをより鮮やかな色で表現でき、訴求力の高い販促物の制作が可能。

3.消耗品の自動配送などによりプリンターの管理業務を軽減

  • 管理業務の負荷を軽減するオンラインサポートサービス「NETEYE(ネットアイ)」に無償で対応。本体稼働状況のモニタリングにより、万が一故障が起きた際も、専任のオペレーターが電話にて状況確認・復旧を迅速にサポート。消耗品の自動配送と合わせて、在庫などの管理業務の負荷軽減や本体の停止時間削減に貢献。
  • トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ、回収トナーボックスなど全ての消耗品を本体正面に立って交換でき、従来機種と比べメンテナンス性が向上※1
  • “Satera LBP853Ci”は、従来機種と比べ、カラーは約1.9倍となる約32,000ページ、モノクロは約2.5倍となる約33,000ページを印刷可能※2な大容量トナーカートリッジ(別売り)を用意。
  • 1 従来機種では、回収トナーボックスを本体背面から交換。
  • 2 ISO / IEC19798に基づき、A4普通紙に片面連続印刷した場合の平均値です。

4.個人認証やユーザー別利用状況の管理によりセキュリティー強化と印刷コストの削減に貢献※1

  • オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズ向けに提供している法人向けクラウドサービス「uniFLOW Online Express」に年内に対応予定。個人認証機能と連動し、プリントなどの利用状況を個人や部門ごとに集計し管理できるため、オフィスのセキュリティー強化と印刷コストの削減をサポート。
  • 1 “Satera LBP853Ci/852Ci” で対応予定。

A4カラーレーザー複合機Satera MF745Cdw/743Cdw/741Cdw/644Cdw/642Cdw、
A4カラーレーザープリンターSatera LBP664C/662C/661C/622C/621Cの主な特長

1. 業種に合った機能をワンタッチで実行することで業務をサポート

  • 業務内容に合わせてカスタマイズした機能をワンボタンに集約し、ホーム画面から簡単に実行できる「アプリケーションライブラリ※1」を搭載。
  • 「定型文書プリント」「ファクス後に保存」「仕分けスキャン」など合計12種類※2のアプリケーションをホーム画面にあらかじめ登録。各アプリケーションの設定や画面表示を含め、ホーム画面は用途に応じてカスタマイズすることが可能。
  • 「定型文書プリント」は、よく使う文書フォーマットの画像やファイルをあらかじめ登録しておくことにより、PCを使わずにワンタッチで印刷可能。例えば、観光やサービス業のパンフレットを登録しておくことにより、印刷の作業時間や印刷物の保管スペースを削減可能。
  • 「ファクス後に保存」は、ファクス送信時に、送信原稿の控えを指定した場所にPDFファイルで保存することが可能。送信原稿を電子データで管理できるため、管理業務の負荷を軽減。保存方法は、Eメール、SMB送信、FTP送信、ファクス、インターネットファクス(Iファクス)から選択可能。
  • 「仕分けスキャン」は、任意の文字列やスキャンした日時をファイル名に付加し、ファイル名に応じて、指定のフォルダに振り分けることが可能。例えば、診療所で問診票をスキャンして、指定のフォルダへ格納することができ、ファイル名に応じたフォルダ作成も自動で行われるので運用の手間を軽減。
  • ※1 “Satera MF745Cdw/743Cdw/741Cdw/644Cdw/642Cdw”および“Satera LBP664C”で対応。
  • ※2 “Satera LBP664C”はスキャン、コピー、ファクス関連のアプリケーションを除いた合計5種類。

2.個人認証やユーザー別利用状況の管理によりセキュリティー強化と印刷コストの削減に貢献

  • オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズ向けに提供している法人向けクラウドサービス「uniFLOW Online Express」に年内に対応予定。個人認証機能と連動し、プリントなどの利用状況を個人や部門ごとに集計し管理できるため、オフィスのセキュリティー強化と印刷コストの削減をサポート。
  • ※ 「Satera LBP664C」などで対応予定。決定次第、ホームページに掲載いたします。

3.オフィス業務をサポートする充実の基本性能

  • “Satera MF644Cdw/642Cdw”および“Satera LBP622C”は、プリント速度(A4片面)がカラー/モノクロともに従来機種※1の毎分18枚から21枚に高速化を実現。また、標準のカセット給紙容量が従来機種と比べて、150枚から250枚(いずれも64g/m2)に増量。
  • 全モデルで無線LANに標準で対応し、ユーザーが本体の設置場所を柔軟に選択可能。中小規模オフィスから大企業まで幅広いオフィスのニーズに対応。
  • モバイルプリント&スキャンアプリケーション「Canon PRINT Business」(無償ダウンロード)に加え、AirPrintやGoogle Cloud Printなどのモバイルプリントに対応し、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器※2より、プリンタードライバーなしで印刷が可能。
  • ※1 「Satera MF634Cdw/632Cdw」および「Satera LBP612C」(いずれも2017年4月発売)。
  • ※2 AndroidおよびiOSに対応した機器。詳細はホームページをご参照ください。

A4モノクロレーザープリンターSatera LBP162/161の主な特長

1. 生産性向上とコンパクトボディを実現

  • A4片面印刷のプリント速度が従来機種の毎分25枚から28枚に、両面印刷も毎分15.4ページから17.8ページに高速化。A4片面印刷におけるファーストプリントタイムは従来機種の約6秒から約5.2秒に短縮し、オフィス業務の生産性を向上。
  • 電源投入から印刷可能になるまでのウォームアップタイムは15秒以下、スリープモードからの復帰時間を示すリカバリータイムは1.6秒以下を実現し、必要な時に素早く印刷可能。
  • A5片面印刷では、新たに横送りが可能となり、領収書などA5印刷の多い業務の効率化に貢献。
  • A4収納時でも本体前面のカバーを閉じた状態で印刷可能なため、設置面積を削減。
  • ※ 「Satera LBP6240/6230」(2014年7月発売)。

2.操作部に「5行モノクロ液晶パネル」を新たに搭載するなどユーザビリティを向上

  • 操作部に「5行モノクロ液晶パネル」を新たに搭載。トナー交換や紙詰まり時の操作手順のアニメーション表示や、トナー残量の確認、PCを使わずに操作部から本体設定を行うことが可能。
  • 従来、手動で引き抜いていたカートリッジのトナーシールを自動で巻き取ることができるため、ごみを出さず、手を汚さずに交換可能。

3.無線LAN/モバイル印刷に標準対応

  • 無線LANに標準で対応し※1、ユーザーが本体の設置場所を柔軟に選択可能。中小規模オフィスから大企業まで幅広いオフィスのニーズに対応。
  • モバイルプリント&スキャンアプリケーション「Canon PRINT Business」(無償ダウンロード)に加え、AirPrintやGoogle Cloud Printなどのモバイルプリントに対応し、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器※2より、プリンタードライバーなしで印刷が可能。
  • ※1 “Satera LBP162”のみ対応。
  • ※2 AndroidおよびiOSに対応した機器。詳細はホームページをご参照ください。

主な製品仕様

各モデルの製品仕様の詳細は、ホームページをご参照ください。

 
 

Twitter