ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

世界最小・最軽量のリアル4Kプロジェクター

世界最小・最軽量のリアル4Kプロジェクター“4K6020Z”など
4Kラインアップを大幅に拡充する3機種発売
「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、リアル4K解像度(4096×2160画素)のLCOS※1パネルを搭載した世界最小・最軽量※2のレンズ交換式モデル2機種 “4K6020Z/4K5020Z”と4K専用交換レンズ “RS-SL07RST”、普及型プロジェクターの4K UHDモデル“LX-MH502Z”を12月上旬に発売します。

4Kprojector "4K6020Z" "LX-MH502Z"

リアル4K解像度のLCOSパネルを搭載した世界最小・最軽量のレンズ交換式レーザー光源プロジェクター“4K6020Z/4K5020Z”は、医用画像の投写※3・美術館・博物館など高精細な表現力や高い色再現性を求められるシーンに、4K UHD解像度(3840×2160画素)の普及型レーザー光源プロジェクター“LX-MH502Z”は、Ultra HD Blu-rayなど身近な4Kコンテンツの投写に活用できます。キヤノンはレンズ一体型4Kプロジェクター、超高輝度4Kプロジェクターに続き、今回の3機種を追加することで4Kラインアップを大幅に拡充し4Kプロジェクター市場の拡大を牽引します。

■ リアル4K解像度で世界最小・最軽量“4K6020Z/4K5020Z”

“4K6020Z”は6000lm、“4K5020Z”は5000lmの高輝度で、リアル4KのLCOSパネルを採用していることから、ドットバイドット※4の高精細な映像投写が可能です。キヤノン独自のキーパーツの小型化技術を集結したWUXGA(1920×1200画素)解像度の「WUX7000Z」(2018年7月発売)との共通プラットフォーム設計により、大きさ約480(幅)×175(高さ)×545(奥行)mm、質量約19kgと世界最小・最軽量を実現しました。筐体(きょうたい)デザインだけでなく、交換レンズも共通化することで、今回発売の4K専用の高画質ズームレンズ“RS-SL07RST”(別売り)を加えた7本の交換レンズが使用でき、リアル4Kでありながら幅広い投写領域をカバーできます。

■ 4K UHD解像度の投写が可能な普及型“LX-MH502Z”

1チップDLP®※5方式の小型・軽量な普及型で、4K UHD解像度の投写が可能です。上下最大±60%、左右最大±23%のレンズシフト、1.6倍ズーム搭載で、自由度の高い設置ができます。

  • 1. Liquid Crystal On Siliconの略。反射型液晶パネル。
  • 2. レーザー光源を搭載したリアル4K解像度6000lm/5000lmクラスのプロジェクターのサイズ、質量において。サイズは突起物含まず。質量はレンズ含まず。2018年11月8日現在。(キヤノン調べ)
  • 3. 本プロジェクターは、医療診断用機器ではないため、読影や診断には使用できません。
  • 4. 映像情報の1ピクセルを、プロジェクターの1ドットに、拡大縮小をせずにそのまま投写すること。
  • 5. Digital Light Processingの略。デジタルミラーデバイスを用いた映像表示システム。DLP®は、テキサス・インスツルメンツ社の登録商標です。

新製品発売の概要

商品名 型番 商品コード JANコード 標準価格(税別) 発売日
 4K6020Z 4K6020Z 2504C001 4549292121490 オープン 2018年12月中旬
 4K5020Z 4K5020Z 2503C001 4549292121476
 LX-MH502Z LX-MH502Z 3576C001 4549292135954 2018年12月上旬

<"4K6020Z"/"4K5020Z"の主な特長>

1.リアル4K解像度で世界最小・最軽量

  • “4K6020Z”は6000lm、“4K5020Z”は5000lmで、明るい映像投写が可能。
  • リアル4K(4096×2160画素)のLCOSパネルを採用し、映像情報の1ピクセルをプロジェクターの1ドットに拡大縮小せずにドットバイドットで忠実に再現できるため、高精細で臨場感のある投写が可能。
  • 青色レーザーダイオードと反射型蛍光体ホイールで白色光を効率よく生成できるレーザー光源システムなど、キヤノン独自のキーパーツの小型化技術により、リアル4K レーザー光源プロジェクターの6000lm/5000lmクラスでは世界最小サイズの約480mm(幅)×175mm(高さ)×545mm(奥行)、世界最軽量の約19kgを実現。
  • レーザー光源システムと照明光学システムAISYS(エイシス)4.2で構成されるキヤノン独自の光学システムにより小型化と高輝度を両立。
大幅な小型化・高輝度化を実現
  • WUXGA(1920×1200画素)解像度のモデル「WUX7000Z」と共通のプラットフォーム設計により、筐体(きょうたい)デザインと交換レンズを共通化。
大幅な小型化・高輝度化を実現
  • レンズの質量含まず。

2.4K専用“RS-SL07RST”など7本の交換レンズによる幅広い投写領域

  • レンズ交換式4Kプロジェクター用の高画質ズームレンズ“RS-SL07RST”を新開発。イメージング技術の粋を集めた製品群を象徴する「レッドライン」を施したデザイン。精細な曲面投写を実現する「周辺フォーカス調整機能」を搭載。プラネタリウムなどのドーム型スクリーンへも、最周辺まで高解像の美しい投写が可能。
  • WUXGA(1920×1200画素)解像度のモデル「WUX7000Z」と同時に発売した超短焦点から超望遠まで幅広い投写領域の交換レンズ(別売り)も使用可能。今回発売する4K専用の高画質ズームレンズ“RS-SL07RST”を追加し、リアル4Kプロジェクターでありながら7本の交換レンズを用意し、設置環境に合わせ幅広い投写領域をカバー。
投写レンズのラインアップ

3.独自のダイナミックコントラスト機能

  • 明るいシーン、暗いシーンの変化に応じて、自動的に光量、アイリス、画像処理を組み合わせることによりコントラスト比を調整。暗いシーンの黒を効果的に沈め、明るいシーンではより白を鮮明に表現し、没入感や臨場感のある投写を実現。

4.HLG(Hybrid Log Gamma)にも対応したHDR機能

  • ダイナミックレンジを拡大するハイダイナミックレンジ(HDR)により、従来のSDR(Standard Dynamic Range)に比べて100倍の輝度情報を表示。肉眼で見た映像に近い階調表現が可能。
  • 従来より対応していたUltra HD Blu-rayに採用されているSMPTE2084PQ方式に加え、放送局で採用されているARIB STD-B67 HLG(Hybrid Log Gamma)方式に新たに対応。

<“LX-MH502Z”の主な特長>

1.4K UHD解像度の投写が可能な普及型

  • 1チップDLP方式の普及型でありながら、4K UHD(3840×2160)解像度の投写が可能
  • レーザー光源による5000lmの明るさと、50000:1の高コントラストを実現。
  • 最大300型の大画面投写を実現。
  • 4Kシフトオン時

2.小型・軽量ボディで自由度の高い設置性

  • 本体質量が約9.3kgで、天井などの高い場所への設置作業の負担を軽減。
  • 上下最大±60%、左右最大±23%のレンズシフトが可能で、画質を維持しつつ設置場所を選択可能。
  • 1.6倍ズーム搭載で、自由度の高い設置を実現。
レンズシフトイメージ図

Twitter