ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

imageFORMULA DR-G2140ドキュメントスキャナー

高速スキャンと優れた画像処理性能を備えたドキュメントスキャナー
“imageFORMULA DR-G2140”など5機種を発売
キヤノン電子株式会社製のドキュメントスキャナー「imageFORMULA(イメージフォーミュラ)」シリーズの新製品として、原稿の読み取り速度と画像処理性能を向上させたA3対応モデル“DR-G2140/G2110”と、A4対応コンパクトモデル“DR-C230”、”DR-C225W II/C225 II“、専用ネットワークアダプター”WA10”を10月10日より順次発売します。

“DR-G2140/G2110”“DR-C230”、”DR-C225W II/C225 II“、専用ネットワークアダプター”WA10”

■ DR-G2140 / G2110

『DR-G2140 / G2110』 は従来機種(DR-G1130/1100)に比べ読み取り速度が向上し、『DR-G2140』 は毎分140枚、『DR-G2110』 は毎分110枚の高速スキャンを実現(A4ヨコ、200dpi 時)。
自治体、金融、医療、運輸、教育機関など、大量の書類を管理、処理する企業や団体において紙文書の電子化業務を効率化できます。また、DR プロセッサーと新画像処理機能により 画像処理性能が向上し、文字の薄い原稿やしわや汚れの生じた原稿を高速、高品質に補正します。    

■ DR-C230

『DR-C230』はDR-C240をベースとした製品です。モノクロ・カラー毎分30枚のスキャンが可能(DR-C240はモノクロ毎分45枚、カラー毎分30枚)デスクサイドや店舗のカウンターに置けるコンパクトボディーでありながら、大きさや厚さの    異なる用紙に対応した搬送機構を備えています。発注書や領収書、名刺など、種類の異なる書類を混載してもスムーズに連続して読み取ることが可能です。また、厚みのあるカードや免許証、パスポート※1を、ADF(自動原稿送り装置)を通してスキャンできます。  本人確認書類などのスキャンを行う店舗窓口で威力を発揮します。    

■ DR-C225W II/ C225 II

『DR-C225W II / C225 II』 は、『DR-C225W』の後継機で、給紙された原稿がU ターンして本体前部に収まる搬送機構「ラウンド・スキャン」を搭載。排紙スペースが不要なため店舗のカウンターなどに省スペースで設置可能です。 同梱ソフトウエア「CaptureOnTouch」を使用することで、スキャンデータの生成・仕分け・編集や各種クラウドサービスへの転送を簡単に行えます。Wi-Fi 対応モデル『DR-C225W II』 に加え、USB 専用モデル『DR-C225 II』 を新たに展開します。    

■ ネットワークアダプター WA10

『WA10』 は、imageFORMULA シリーズのミドルクラスのドキュメントスキャナーに対応したネットワークインターフェースオプション※2です。USB 接続専用のスキャナーを無線LANや有線LAN のネットワーク環境で使用できるようになります。 複数のPC で1 台のスキャナーを共有できるほか、スマートフォンやタブレット端末からのスキャン、スキャナー本体のボタンへの定型業務のジョブ登録など多様な使い方が可能となり、スキャナーの 活用の幅が広がります。

  • 1. パスポートをスキャンする際は、オプションのキャリアシートが必要となります。
  • 2. 対応機種:DR-M1060 / DR-M260 / DR-M140 / DR-C240 / DR-C230

新製品発売の概要

商品名 型番 商品コード JANコード 標準価格(税別) 発売日
imageFORMULADR-G2140 DR-G2140 3149C001 4528472108124 1,120,000円 2018年10月10日
imageFORMULADR-G2110 DR-G2110 3150C001 4528472108209 840,000円
imageFORMULADR-C230 DR-C230 2646C001 4528472108018 オープンプライス
imageFORMULADR-C225II DR-C225II 3258C001 4528472108377 オープンプライス
imageFORMULADR-C225WII DR-C225WII 3259C001 4528472108452 オープンプライス
ネットワークアダプターWA10   2999C001 4528472108513 オープンプライス 2018年12月上旬

<imageFORMULA DR-G2140/G2110の主な特長>

1.カラー・モノクロともに毎分140枚/毎分110枚の高速・高画質スキャン

  • “DR-G2140”は、カラー・モノクロともに毎分140枚、両面280面、“DR-G2110”は毎分110枚、両面220面(いずれもA4ヨコ、200dpi時)の高速読み取りが可能。
  • 読み取り速度を上げた新開発CIS(コンタクトイメージセンサー)や、画像処理用DRプロセッサーにより、スキャンの高速化と画像処理の高速・高品質化を実現。

2.搬送ローラーの耐久性の向上によりメンテナンス負荷を軽減

  • 材質を変更し、耐久性を向上させた交換ローラーを採用。交換ローラーキットの交換目安が従来機の45万枚から60万枚に向上。メンテナンス負荷の軽減とともにコスト削減に貢献。

3.新画像処理「アクティブスレッショルド」による二値画像の画質向上

  • 新しい二値化技術「アクティブスレッショルド」により、しわや汚れのある原稿と文字の薄い原稿が混在してもページごとに明るさを適正化。OCR(光学文字認識)処理に適した二値画像を取得。

4. ネットワーク環境での利用ニーズに応える有線LAN対応

  • 従来のUSB接続に加え、新たに有線LAN(100/1000Base-T)接続に対応し、複数のユーザーによるネットワーク上でスキャナーの共有が可能。

5.効率的なスキャン環境を提供するソフトウエア

  • ISIS/TWAINドライバー(標準同梱) 「用紙サイズ自動検知」や「斜行補正」、「文字向き自動検知」、片面と両面の原稿が混載されているときに便利な「白紙スキップ」、通常モードでは読みづらい文字を強調して読み取る「アドバンステキストエンハンスメント」など、多彩な画像処理で効率的なスキャンが可能。
  • 画像入力ソフトウエア「CaptureOnTouch Pro」(標準同梱) キヤノンのドキュメントスキャナーシリーズで定評のある画像入力ソフトウエア。高圧縮PDFやテキストOCR結果付きPDFの作成をはじめとするファイル作成機能や、スキャン日時などをファイル名に付与する「ネーミングスキーマ機能」、作成済みのファイルに画像を挿入し、ページの順序を変更できる編集機能など、画像入力関連機能が充実。 
  • パッチコードデコーダ(標準搭載) 原稿内に挿入されたパッチコードシートを検知してパッチ区切りを行う「自動ファイル区切り」に対応。
  • バーコード/2Dコードの読み取りに標準で対応。バーコード/2Dコードデータのファイル名への付与や、フォルダ仕分けに活用が可能。 
  • スキャナーを利用したアプリケーション開発を支援するツール「imageFORMULA DR Scanner SDK」に対応。短期間・低コストかつ柔軟にドキュメントスキャナーのシステム開発が可能。

<imageFORMULA DR-C230の主な特長>

1.高速スキャンとコンパクトデザインを両立

  • カラー・モノクロとも毎分30枚、両面60面(A4タテ、200dpi時)の高速スキャンを実現。
  • デスク上や店舗のカウンターなど、狭いスペースにも設置できるスタンドタイプのコンパクトデザインを採用。

2.普通紙から名刺、カード、パスポートスキャンまで対応

20181003_DR_002

  • 発注書や納品書、名刺など多様な紙文書をスムーズに連続スキャン可能。
  • 厚みのあるカードや免許証などに加え、オプションのキャリアシートを利用すればICチップ付きパスポートもADFを通してスキャン可能。

3.便利な本体操作パネル

  • 頻繁に利用するモードや操作を最大9件までジョブとして登録し、本体操作パネルのボタンより実行可能。電源OFFにした時点で使われていたジョブを記憶する機能を搭載しており、再開する際に効率的にスキャン作業が可能。
  • 操作パネルにDFR(Double Feed Release)ボタンを搭載。付箋紙の貼られた原稿や封筒など、本来重送と検知されたくない原稿を重送検知した際にDFRボタンを押してスキャンの継続が可能。

4.多彩な画像処理を実現するISIS/TWAINドライバー 

  • 標準同梱のISIS/TWAINドライバーでは、通常のスキャンモードに加え、「用紙サイズ自動検知」、「斜行補正」、「文字向き自動検知」や、片面と両面の原稿が混載されているときに便利な「白紙スキップ」、通常モードでは読みづらい文字を強調して読み取る「アドバンストテキストエンハンスメント」など、多彩な画像処理機能を搭載。

5.画像入力ソフトウエア「CaptureOnTouch Pro」

  • 高機能スキャニングソフト「CaptureOnTouch Pro」を同梱。ファイルの暗号化やファイル名の自動生成、白紙によるファイル区切り、1回のスキャンで複数の画像を生成できるマルチストリーム対応など、多彩な機能がスキャン業務をサポート。
  • オプションのバーコードモジュール(一次元コード)または2Dコードモジュール(ニ次元コード)と連携することにより、バーコード/2Dコードの読み取りに対応。バーコード/2Dコードデータのファイル名への付与や、フォルダ仕分けにも活用が可能。 
  • ファイル形式は、PDF、PDF/A、JPEG、TIFF、BMPに加え、PowerPoint形式にも対応。PDFは、「高圧縮」「テキスト検索」にも対応。

<imageFORMULA DR-C225W Ⅱ/C225 Ⅱの主な特長>

1.搬送機構「ラウンド・スキャン」で省スペースを実現

  • 給紙された原稿がUターンして本体前部に収まる搬送機構「ラウンド・スキャン」により、原稿の排紙スペースを確保する必要のない省スペース性を実現。紙文書をセットしボタンを押せば、すぐにスキャン開始。
  • スタイリッシュでクールなブラックデザインを採用し、ボタンやレバーの配色などを刷新。操作部の視認性が向上し、より直感的な操作が可能。

2.リタードローラー機構「ダブらんスキャン」で重送を抑止

  • 「リタード方式」ローラー機構を採用。1度に2枚の原稿が送られた際、リタードローラーに触れた2枚目の原稿をやさしく押さえ原稿を傷めず分離することで、重なった原稿を引き離し1枚ずつ搬送。原稿の重送による読み取りエラーを抑止し、スムーズな連続スキャンを実現。

3.シンプル操作で編集可能、同梱ソフトウエア「CaptureOnTouch V4」

  • 操作性の改善に加え、使用するスキャナーのモデルが選択可能になり汎用性が向上。より効率的なデータの作成・仕分け・編集を実現。 

4. 優れた搬送性能と用途に合わせた接続方法に対応 

  • USBとWi-Fi接続いずれの接続方法でもカラー・モノクロとも毎分 25枚、両面 50面(A4タテ、200dpi時)の搬送性能を実現。 
  • 原稿台に最大30枚まで給紙原稿をセット可能。普通紙に加え薄紙にも対応。 
  • 本体背面ボタンでUSBとWi-Fi接続の切り替えが可能。
  • Wi-Fi 接続はDR-C225W IIのみ対応。

<WA10の主な特長>

USB対応モデルをネットワーク上で利用可能

  • imageFORMULAシリーズに接続して利用するネットワークアダプター。
  • 複数のPCでのスキャナーの共有、スマートフォンやタブレット端末からスキャナーへジョブ登録やスキャン指示といった多様な使い方を実現。
    <対応機種> DR-M1060 / DR-M260 / DR-M140 / DR-C240 / DR-C230
 
 

Twitter