ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

35㎜フルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ”EOS R”発売

新イメージングシステム”EOS Rシステム”に対応した
35㎜フルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ”EOS R”発売
「RFマウント」を採用する「EOS Rシステム」のカメラとして、35mmフルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ“EOS R”を2018年10月下旬より発売します。新開発の「RFレンズ」に加え、専用のマウントアダプター(別売り)を装着することにより、従来の「EFレンズ」や「EF-Sレンズ」も使用できます※1

“EOS R”

■ 「RFレンズ」との組み合わせによる優れた画質と豊かな表現力

「RFレンズ」と有効画素数約3030万画素※2の35mmフルサイズCMOSセンサー、最新の映像エンジン「DIGIC 8」の組み合わせにより、高画質で表現力豊かな撮影が可能です。レンズの収差などを補正する「デジタルレンズオプティマイザ」が、連写速度に影響なく使用できるため、連続撮影時※3でも快適さを損なわずに「RFレンズ」の性能を引き出すことができます。また、常用ISO感度100~40000を実現しており、明るいレンズと組み合わせることで室内や夜景などの暗いシーンでも高画質な撮影ができます。

■ 多様なシーンに対応する「デュアルピクセルCMOS AF」

各画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」と「RFレンズ」の駆動制御を最適化したことにより、最速約0.05秒※4の高速AFを実現しています。AFエリア任意選択時は、撮像面の約100%(縦)×約88%(横)の範囲※5で、ピントを合わせたい場所を最大5,655※6のポジションから選べるため、自由な構図で撮影できます。さらに、EOSシリーズで初となるEV-6※7の低輝度限界を達成し、肉眼では被写体の判別が難しい暗い状況でも高精度なピント合わせを実現します。

■ ファインダーから目を離さず撮影に集中できる快適な操作性

高精細で視認性の高い約369万ドットの内蔵電子ビューファインダー(EVF)を採用しています。新しい機構を採用した操作部と合わせて使用することで、被写体から目を離すことなくさまざまな撮影設定の効果を確認できるため、撮影そのものに集中できます。

  • 1 EFレンズシリーズのうち、EF-Mレンズ、CN-Eレンズ(EFシネマレンズ)を除く。
  • 2 総画素数約3170万画素。
  • 3 撮影条件や設定によって、連続撮影速度が低下することがあります。
  • 4 CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。
    [測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、「RF24-105mm F4 L IS USM」使用(焦点距離24mm 位置)、シャッターボタン操作による撮影時、1点AF(中央)、ワンショットAF時。
  • 5 RFレンズ、現行のEFレンズ(「EF200mm F2.8L II USM」、「EF75-300mm F4-5.6 III」、「EF8-15mm F4L フィッシュアイUSM」、 「MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト」、EF-Mレンズ、EF-Sレンズを除く)装着時。非対応レンズ装着時は、撮像面の約80%(縦) ×約80%(横)の範囲となります。2018年9月5日現在。
  • 6 十字キーによる選択時。AFエリア自動選択時には、測距エリアは最大143分割。
  • 7 「RF50mm F1.2 L USM」使用、静止画撮影、F1.2・常温・ISO100・ワンショットAF・1点AF(中央)時。

新製品発売の概要

製品名 型番 商品コード JANCD 標準価格(税抜) 発売予定日
EOS R EOSR 3075C001 4549292119282 OPEN 2018年10月下旬
  • 予約開始は、9月12日(水)10:00~になります。

<主な特長>

1.「RFレンズ」との組み合わせによる優れた画質と豊かな表現力

  • 「RFレンズ」、有効画素数約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー、最新の映像エンジン「DIGIC 8」の組み合わせにより、高画質で表現力豊かな撮影が可能。
  • レンズの収差や回折などを補正する「デジタルレンズオプティマイザ」を搭載。補正に必要な情報が「RFレンズ」から“EOS R”に自動で転送されるため、従来必要だったPCを介したレンズ情報の事前登録が不要。最新の映像エンジン「DIGIC 8」の搭載により、連写速度の低下なく使用できるため、連続撮影時でも快適さを損なわずに「RFレンズ」の性能を引き出すことが可能。
  • 静止画の常用ISO感度100~40000を実現。明るいレンズと組み合わせることで室内や夜景などの暗いシーンでも高画質な撮影が可能。
  • AF・AE(自動露出制御)連動で最高約5.0コマ/秒※1、AF・AE固定で最高約8.0コマ/秒※1の高速連写が可能。
  • 専用のマウントアダプター(別売り)を装着することにより、従来の「EFレンズ」や「EF-Sレンズ」も使用可能。
  • 高精度にブレを検知し、効果的に補正する「デュアルセンシングIS」※2を採用。レンズのジャイロセンサー※3に加え、撮像センサーの画像情報からもブレ情報を取得することで、ジャイロセンサーが検出できなかった低周波の揺れも高精度に検知し、最適な補正が可能。ブレ検出のアルゴリズムの進化により、静止画撮影時は最大5段※4の手ブレ補正効果を実現。
  • 1 撮影条件や設定によって、連続撮影速度が低下することがあります。
  • 2 静止画撮影時。「RF24-105mm F4 L IS USM」、「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」のみ対応。
  • 3 角速度センサー。回転角速度の測定を実現する慣性センサーの一種で、ある物体の角度が単位時間あたりどの程度変化しているかといった動きを検知する。
  • 4 CIPA規格に準拠。

2.多様なシーンに対応する「デュアルピクセルCMOS AF」

  • 各画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」と「RFレンズ」の駆動制御を最適化したことにより、最速約0.05秒の高速AFを実現。
  • 「RFレンズ」など対応する交換レンズの装着時は、撮像面の約100%(縦)×88%(横)の範囲に測距エリアが拡大。AFエリア任意選択時は、ピントを合わせたい場所を十字キーによる選択で最大5,655のポジションから選べるため、自由な構図で撮影可能。
  • 中央測距点ではEOSシリーズ初となるEV-6の低輝度限界を達成。肉眼では被写体の判別が難しい暗い環境下でも高精度なピント合わせを実現。
  • 被写体だけでなく、周辺の距離情報もモニタリング。奥行き情報を活用することにより、追尾性能が向上。
  • 被写体の瞳を検出してピントを合わせる「瞳AF」を搭載。シビアなピント精度が求められるポートレート撮影に好適。
  • 「ワンショットAF」かつ「顔+追尾優先AF」時に機能。

3.ファインダーから目を離さず撮影に集中できる快適な操作性

  • 約369万ドットの有機ELパネルを採用した視野率約100%の高精細なEVFを内蔵。
  • ボディー背面には、スライド操作やタップ操作で、撮影設定や画像送りを簡単に行うことができるEOSシリーズ初のマルチファンクションバーを搭載。
  • 高精細で視認性の高いEVFと、マルチファンクションバーや上面のサブ電子ダイヤル、「RFレンズ」のコントロールリングなどの新しい機構を採用した操作部と合わせて使用することで、被写体から目を離すことなくさまざまな撮影設定の効果を確認できるため、撮影そのものに集中することが可能。
  • キヤノンのカメラで初となる露出モード「Fv(フレキシブルAE)」を搭載。単一モード上で、シャッター速度、絞り、ISO感度など露出に関わる設定値を、AUTOまたは任意の値に設定可能。撮影モードなどを変更する必要がないため、状況に応じた素早い設定変更が可能。
レンズ、背面に配置された操作部材

4.本格的な撮影を可能にする多彩な動画機能

  • 4K(3840画素×2160画素)での記録や、撮影した動画からの画像の切り出しに対応。
  • 映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」で実績のあるキヤノン独自のLogガンマ「Canon Log」を搭載。暗部のつぶれやハイライトの白トビを緩やかに抑えることで、撮影後の編集や加工作業の自由度が高い映像記録が可能。さらにグレーディング処理を施すことで、暗部やハイライトの細部においても豊かな映像表現を実現。
  • 4K映像をHDMI端子から出力して外部機器で記録や表示が可能。「Canon Log」設定時には、豊かな階調(10bit出力)、広い色域(次世代放送規格「ITU-R BT.2020」)で出力可能。
  • カメラ内での5軸電子手ブレ補正機能を搭載。さらに対応レンズ装着時には、カメラ側の電子手ブレ補正とレンズ側の光学手ブレ補正を協調制御する「コンビネーションIS」が利用可能。不安定な体勢や歩きながらの撮影でも、ブレの少ない映像表現を実現。
  • 「コンビネーションIS」対応レンズは、「RF24-105mm F4 L IS USM」、「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」

5.写真表現を豊かにするキヤノン独自のアプリケーション

  • RAW現像ソフトウエア「Digital Photo Professional」※1が映画制作や配信に使われているHDR方式である「PQ(Perceptual Quantization)」※2での静止画表示に対応。RAWデータが持つ豊富な情報を元に、映像の明るい部分と暗い部分の輝度差(ダイナミックレンジ)の広い高画質な画像の表示や編集が可能※3
  • キヤノン独自の入出力連携ソリューションが進化。「Digital Photo Professional」で作成した高画質な画像を、プラグインソフトウエア「Professional Print & Layout」※4により、階調性などを維持したプリントをすることが可能。「HDRプリント」機能の使用により、ハイライトエリアの表現を豊かに再現。さらに「展示照明最適化」機能を使用して出力した印刷物を、明るい照明と合わせることで、ダイナミックレンジを拡大した展示が可能。また、「DPRAWプリント」では、「デュアルピクセルRAW」データが持つ被写体の奥行情報を生かし、より質感や奥行感を感じる印刷が可能。
  • 1 10月下旬よりダウンロード開始予定。
  • 2 PQ(Perceptual Quantization)は、人間の視覚特性に基づく、新しいガンマカーブ。HDRの国際標準規格で あるITU-R BT.2100/SMPTE ST 2084に準拠。
  • 3 モニターでのHDR表示には対応するモニター(Ultra HD 認証モニター)および対応するOS(Windows 10 64bit)が必要です。SDRモニターや非対応OSでは、SDR変換して表示されます。
  • 4 12月初旬よりダウンロード開始予定。
 
 

Twitter