ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

プロジェクターLX-4K3500Z

超高輝度10,000lm以上の市場に参入し映像表現を拡大
40,000lmの“LX-4K3500Z”などプロジェクター3機種を発売
昨今のスポーツ観戦や大規模施設における高輝度・大画面プロジェクター活用の拡大に伴い、超高輝度10,000lm以上の市場に参入します。「パワープロジェクターシリーズ」として、40,000lm(センター)※1の超高輝度4Kプロジェクター“LX-4K3500Z”など3機種を8月7日より受注開始します。

高輝度プロジェクター

キヤノンは、映像技術のリーディングカンパニーとしてカメラなどの映像の入力機器、プロジェクターなどの出力機器を提供することで映像文化の発展に寄与してきました。新たに超高輝度10,000lmを超える市場に参入し、さらなる映像表現の拡大に貢献します。

■ 超高輝度かつ広色域なリアル4Kを実現(LX-4K3500Z/LX-4K2600Z)

リアル4K解像度(4096×2160)に対応する1.38型DLP®※2チップを3枚使った超高輝度レーザープロジェクターです。3チップDLP方式により色割れ現象が発生しない高画質なリアル4K映像をドットバイドット※3で忠実に再現し、その場にいるかのような臨場感のある映像を最大1,000型の大画面に投写可能です。さらに青色レーザー光源2系統と赤色レーザー光源1系統、緑色蛍光体による3原色光源の採用により40,000lm/30,000lm※1の超高輝度とデジタルシネマを配給する際の世界統一規格「DCI-P3」に対応する広色域を両立します。

■ 高い信頼性を確保する密閉防じん構造※4

光源ユニットと光学ユニットを密閉し、水冷※5と空冷を組み合わせた空気の循環冷却システムを搭載しています。さらに、レンズユニットと本体との間を凹凸構造に設計することでレンズユニットからの埃の侵入も防ぎます。これらの密閉防じん構造により、ちりや埃が堆積しやすい環境下における高い信頼性と耐久性を確保しています。

  • 1 画面中央の測定点の値。JIS X6911:2015 データプロジェクターの仕様書様式で規定される光出力の測定方法に基づいた測定値は“LX-4K3500Z”は35,000lm、“LX-4K2600Z”は、26,000lm。
  • 2 Digital Light Processingの略。デジタルミラーデバイスを用いた映像表示システム。DLP®は、テキサス・インスツルメンツ社の登録商標です。
  • 3 プロジェクターの解像度と同じ画素数を入力して、拡大縮小をせずにそのまま投写すること。
  • 4 密閉防じん構造は、ちりや埃などの侵入を完全に防ぐものではありません。
  • 5 水冷対応は“LX-4K3500Z/LX-4K2600Z”。“LX-HD1200Z”は空冷のみ。
  • 6 レンズは別売り。また、LX-4K3500Z/LX-4K2600Zは別売りのラージべニューボードLX-BD4K01の購入が必要です。

新製品発売の概要

製品名 商品コード JANCD 定価 受注開始日
LX-4K3500Z 3155C001 4549292132601 2,500万 2018年8月7日
LX-4K2600Z 3154C001 4549292123630 2,300万 2018年8月7日
LX-HD1200Z 3153C001 4549292123586 600万 2018年8月7日

<“LX-4K3500Z/LX-4K2600Z/LX-HD1200Z”の共通特長>

1.高い信頼性を確保する密閉防じん構造※1

  • 光源ユニットと光学ユニットを密閉し、水冷※2と空冷を組み合わせた空気の循環冷却システムを搭載。ちりや埃の光源ユニットと光学ユニットへの侵入を抑制し、本体内にこもる熱を効率的に冷却。
  • レンズユニットと本体との間を凹凸構造に設計することでレンズユニットからの埃の侵入を防ぐことが可能。
高い信頼性を確保する密閉防じん構造
  • 1 密閉防じん構造は、ちりや埃などの侵入を完全に防ぐものではありません。
  • 2 水冷対応は“LX-4K3500Z/LX-4K2600Z”。“LX-HD1200Z”は空冷のみ。

2.約2万時間※1の光源寿命によりメンテナンス負荷を大幅に軽減

  • レーザー光源はランプ光源と比べて光源寿命が長く、約2万時間光源を交換することなく映像投写が可能。会議やイベントの途中で、突然光源が切れるリスクが低く、高い信頼性を確保。ランプ交換やフィルター清掃・交換などのメンテナンスにかかるコストや負荷を軽減することが可能。
  • プロジェクターの縦置き設置※2を可能とし、縦長の映像をそのまま投写できる「ポートレート投写」に対応。商業施設や美術館、博物館など、幅広い用途に対応。
  • 1 輝度が50%に低下するまでの時間。目安であり使用環境/状況により異なる場合があります。
  • 2 吸気口、排気口をふさがないこと。

3.超短焦点から超長望遠まで交換レンズを選択でき幅広いニーズに対応

  • LX-4K3500Z/LX-4K2600Zは7種類(別売り)、LX-HD1200Zは6種類(別売り)の交換レンズを用意。ユーザーニーズに合わせた幅広い投写距離をカバー。
交換レンズラインアップ

<“LX-4K3500Z/LX-4K2600Z”の特長>

● 超高輝度かつ広色域な映像を実現(40,000lm/30,000lm※2 リアル4K解像度対応)

  • 1.38型DLPチップを3枚使用。リアル4K解像度(4096×2160画素)に対応。
  • 3チップDLP方式により色割れ現象が発生しない高画質な映像をドットバイドット※1で忠実に再現し、臨場感のある映像を最大1,000型の大画面で投写可能。
  • 青色レーザー光源2系統と赤色レーザー光源1系統、緑色蛍光体の組み合わせによる3原色光源を採用し、40,000lm/30,000lm※2の超高輝度とデジタルシネマを配給する際の世界統一規格「DCI-P3」に対応する広色域を両立。
超高輝度かつ高色域な映像を実現
  • 1 プロジェクターの解像度と同じ画素数を入力して、拡大縮小をせずにそのまま投写すること。
  • 2 画面中央の測定点の値。JIS X6911:2015 データプロジェクターの仕様書様式で規定される光出力の測定方法に基づいた測定値は“LX-4K3500Z”は35,000lm、“LX-4K2600Z”は、26,000lm。

<“LX-HD1200Z”の特長>

● 超高輝度かつ広色域な映像を実現(12,000lm フルHD解像度に対応)

  • 0.65型DLPチップを3枚使用。フルHD解像度(1920×1080画素)に対応。
  • 3チップDLP方式により色割れ現象が発生しない高画質な映像をドットバイドット※1で忠実に再現し、臨場感のある映像を最大600型の大画面で投写可能。
  • 青色レーザー光源2系統と黄色蛍光体の組み合わせによる3原色光源を採用。国際電気標準会議 (IEC) が定めた国際標準規格「sRGB (standard RGB)」をカバーする広色域と超高輝度を両立。
超高輝度かつ高色域な映像を実現
  • 1 プロジェクターの解像度と同じ画素数を入力して、拡大縮小をせずにそのまま投写すること。

Twitter