ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

【新製品】4Kレーザー光源プロジェクター“4K600STZ”など4Kプロジェクター2機種を発売

「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、4096×2400画素の高解像度LCOS(エルコス) パネルを搭載した“4K600STZ/4K501ST”を2016年11月15日より順次発売します。

“4K600STZ”は、4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小・最軽量、“4K501ST”は、4Kランプ光源プロジェクターで世界最小※3サイズを実現しています。常設による運用が多い高輝度な4Kプロジェクターにおいて、可搬できるサイズを実現することで、さまざまな場所で4K映像の投写が可能になります。学校の講堂やイベント会場での利用のほか、企業・店舗におけるデジタルサイネージやプロジェクションマッピングへの展開、美術館や博物館、シミュレーション・デザイン用途など、幅広く活用することができます。 

■ 臨場感のある高精細な4K映像を投写

 いずれも4Kデジタルシネマ(4096×2160画素)を上回る4096×2400画素のLCOSパネルを採用し、“4K600STZ”は6000lm、“4K501ST”は5000lmの高輝度で高画質な映像投写が可能です。4K解像度対応の広角ズームレンズと高性能映像エンジンにより、臨場感のある映像投写を実現しています。 

■ 4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小・最軽量を実現(“4K600STZ”) 

“4K600STZ”は、新開発のレーザー光源システムと独自の光学システム「AISYS(エイシス)」により、4Kレーザー光源プロジェクターで世界最小サイズの体積約7万cm3(幅約559×奥行き624×高さ201mm)、世界最軽量の約26kgを実現しています。レーザー光源の採用により、光源を約2万時間※4交換することなく投写可能なため、メンテナンス負荷を軽減できます。

 ■ HDR(ハイダイナミックレンジ)など新たな規格に対応(“4K600STZ”) 

“4K600STZ”は、映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を拡大させるHDR(ハイダイナミックレンジ)機能を搭載し、肉眼で見た映像に近い階調表現が可能です。また、4K/8K映像の放送規格ITU-R BT.2020の色域で撮影された映像入力に対応しています。

  • 1 レーザー光源を搭載した4K解像度以上5000lmクラスのプロジェクターの体積として。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
  • 2 レーザー光源を搭載した4K解像度以上5000lmクラスのプロジェクターにおいて。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
  • 3 ランプ光源を搭載した4K解像度以上5000lmクラスのプロジェクターにおいて。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
  • 4 輝度が50%に低下するまでの時間。目安であり使用環境・状況により異なる場合があります。
商品名 型番 商品コード JANコード 価格(税抜) 発売日
パワープロジェクター 4K600STZ 4K600STZ  1955C001  4549292084610 オープン価格 2017年4月上旬
パワープロジェクター 4K501ST 4K501ST  1639C001  4549292075892 2016年11月15日

<4K600STZの主な特長>

1.臨場感のある高精細な4K映像を投写

  • 4Kデジタルシネマ(4096×2160画素)を上回る4096×2400画素の高解像度LCOSパネルと高性能映像エンジンを搭載し、臨場感のある高精細な映像投写を実現。
  • 4K解像度に対応した広角ズームレンズには、大口径非球面レンズやUDガラスなどの特殊光学材料を採用。優れた光学性能により、4K解像度の映像を中心から周辺部まで鮮明に投写可能。 
  • イメージング技術の粋を集めた製品群を象徴する「レッドライン」を施したデザインを採用。 
  • ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせる「周辺フォーカス」機能を搭載。
  • F値2.6の被写界深度の深いレンズの採用と、光学システム「AISYS」により、ズーム操作による明るさの変動を抑制し、広角端と望遠端において同等の明るさの投写を実現。
  • ※ 望遠端から40型映像を投写した場合の明るさと広角端から40型映像を投写した場合の明るさの比が95%以上。

2.6,000lmの高輝度と世界最小※1・最軽量※2を実現

  • 新開発のレーザー光源システムは、青色レーザーダイオードが発した光を蛍光体デバイスに照射することで、白色光を生成することが可能。蛍光体デバイスへの集光効率を高めつつ、適切な光密度で効率的に光の波長を変換することで、少ない数のレーザーモジュールで6000lmの高輝度投写を可能にし、大幅な小型化と高輝度化を両立。
  • 独自の光学システムとの組み合わせにより、世界最小サイズの体積約7万cm3(幅約559×奥行き624×高さ201mm)、世界最軽量の約26kgを実現。
  • 可搬できるサイズを実現することで、さまざまな場所で4K映像の投写が可能。
新開発のレーザー光源システムと「AISYS」のイメージ図
  • 1 レーザー光源を搭載した4K解像度以上5,000lmクラスのプロジェクターの体積として。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
  • 2 レーザー光源を搭載した4K解像度以上5,000lmクラスのプロジェクターにおいて。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)

3.HDR(ハイダイナミックレンジ)など新たな規格に対応

  • 映像の明部と暗部の輝度差を拡大するHDR機能を搭載。白とびを抑え、肉眼で見る映像に近い階調表現が可能。
  • HDMIケーブル1本で毎秒60フレームの4K動画を伝送可能。次世代ブルーレイディスクなどのHDR映像を投写することが可能。
  • 動画配信サービスや次世代ブルーレイディスクなどの著作権保護コンテンツの再生を可能にするHDCP2.2に対応。著作権保護対応機器の接続が可能。 
  • 4K/8K映像の放送規格ITU-R BT.2020の色域で撮影された映像入力に対応。
HDR機能のイメージ図

4.レーザー光源により多様なニーズに対応

  • レーザー光源は光源寿命が長く、約2万時間※1光源を交換せずに投写でき、メンテナンス負荷を軽減。輝度一定設定や長寿命モードの設定により、最長4万時間※1光源を交換せずに投写可能。
  • 青色レーザーダイオードと蛍光体の組み合わせにより、sRGB※2規格の色域を99%カバーし、優れた色再現性を実現。
  • 会議や授業の途中で、突然光源が切れるリスクが低く、高い信頼性を確保。
  • 高速スタンバイモードを搭載し、電源投入から約2秒※4で起動が可能。会議や授業ですぐに投写できるため、投写準備の待ち時間を軽減。 
  • 全方位360度、どの角度でも設置が可能なため、多様な投写環境に対応。天井や床に映像を投写することができ、多彩な映像表現が可能。
  • プロジェクターの縦置き設置※3が可能なため、縦長の映像をそのまま投写できる「ポートレート投写」に対応。企業広告やショールーム、美術館・博物館での利用など、幅広い用途に対応。
  • 静かな環境での映像投写に最適な29dBの静音モードを搭載。
  • 映像の入力信号に合わせて自動で光源の出力を調整する「ダイナミックコントラスト」機能を搭載。最大コントラスト比が10000:1まで自動で切り替わり、黒が際立つ投写が可能。
  • 1 輝度が50%に低下するまでの時間。目安であり使用環境・状況により異なる場合があります。
  • 2 sRGBとは、IEC(国際電気標準会議)が策定した色空間の国際標準規格。
  • 3 縦置き設置には有償の設置用金具が必要です。
  • 4 高速スタンバイモードに移行してから90分以内の場合。

5.プロの要望に応える充実した機能

  • スマートフォン(スマホ)/タブレット用アプリ「Canon Service Tool for PJ」を無償で提供。
  • Wi-Fiに対応し、「Canon Service Tool for PJ」との連携により、リモコン操作や設定したパラメータの変更、プロジェクターの状態把握など、スマホ/タブレットから複数のプロジェクターを操作することが可能。
  • 高い光学性能により、映像を重ね合わせて投写する際、スクリーンに映し出される映像の画素ずれやゆがみを最小限に抑制。
  • 4K動画再生時の入力と表示の遅延を約1.0フレーム(60Hzの時)に抑えた再生が可能。
  • 動画の視認性を向上させる「モーションブラーリダクション」機能を搭載。動画再生時に動く文字を鮮明に読み取ることができ、強弱の調整により最適な画質調整が可能。 
  • 最適なアップスケーリング処理により、フルHD映像を高画質な4K映像として投写可能。
  • 複数のプロジェクターの映像をつなぎ合わせて投写する「エッジブレンディング」機能を搭載。隣り合う映像のつなぎ目の明るさを調整し、滑らかな大画面投写が可能。 
  • 「サブピクセル補正」機能により、小さな色ずれを0.1画素単位で電気的に補正可能。
  • ※ 対応するOSは、iOS9.3/10.1。

6.優れた機能でさまざまな用途に対応

  •  事前に設定した内容に基づいて、起動や終了を行うスケジュール機能を搭載。
  • 上下方向±60%、左右方向±10%のレンズシフトが可能なため、多様な設置に対応。 
  • ズームやフォーカス・レンズシフトなどの位置情報を保存できるレンズポジション機能を搭載。
  • 光学内部の機械的な絞りを駆動し、光が通過する開口部の面積を変えられる「アイリス機能」を搭載。開口部の調整により、明るさやコントラストの調整が可能。
  • 医療用画像の国際標準規格DICOM Part 14※1に近似した、「DICOM SIMモード」※2を搭載。レントゲン写真の投写に使用される「Blue-base」と「Clear-base」に近似した、色味の異なる画像を投写することが可能。
  • 1 北米電子機器工業会が発行している医療におけるデジタル画像と通信のための規格(Digital Imaging Communication in Medicine)。
  • 2 医療診断用機器ではないため、実際の診断には使用できません。

<4K501STの主な特長>

1.臨場感のある高精細な4K映像を投写

  • 4,096×2,400画素の高解像度LCOSパネルと高性能映像エンジンを搭載し、4K解像度に対応した広角ズームレンズにより、臨場感のある高精細な映像投写を実現。
  • 広角ズームレンズには特殊光学材料を採用し、4K映像を周辺部まで鮮明に投写可能。キヤノンのイメージング技術の粋を集めた製品群を象徴する「レッドライン」を施したデザインを採用。 
  • ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせる「周辺フォーカス」機能を搭載。
  • 100型スクリーン(幅2.2m)に最短2.2mから最長2.9mの範囲で投写が可能。
  • HDMIケーブル1本で毎秒60フレームの4K動画を伝送可能。
  • 著作権保護コンテンツの再生を可能にするHDCP2.2に対応。著作権保護対応機器の接続が可能。

2.5000lmの高輝度と世界最小サイズ※1を実現 

  • ・キヤノン独自の光学システム「AISYS」により、5000lmの高輝度と世界最小サイズの幅約470×奥行き533.5×高さ175 mm、クラス最軽量※1の約18kgを実現。 
  • 可搬できるサイズを実現することで、さまざまな場所で4K映像の投写が可能 
  • F値2.6の被写界深度の深いレンズの採用と、光学システム「AISYS」により、ズーム操作による明るさの変動を抑制し、広角端と望遠端において同等の明るさ※2の投写を実現。
  • ※1 ランプ光源を搭載した4K解像度以上5000lmクラスのプロジェクターにおいて。2016年11月8日現在。(キヤノン調べ)
  •  ※2 望遠端から40型映像を投写した場合の明るさと広角端から40型映像を投写した場合の明るさの比が95%以上。

3.充実した機能によりプロのニーズに対応

  •  4K動画再生時の入力と表示の遅延を約1.0フレームに抑制。
  • 動画の視認性を向上させる「モーションブラーリダクション」機能を搭載。動画再生時に文字を鮮明に読み取ることができ、強弱の調整により最適な画質調整が可能。 
  • ズームやフォーカス・レンズシフトなどの位置情報を保存できるレンズポジション機能を搭載。
  • 光学内部の機械的な絞りを駆動し、光が通過する開口部の面積を変えられる「アイリス」機能を搭載。開口部の調整により、明るさやコントラストの調整が可能。 
  • 最適なアップスケーリング処理により、フルHD映像を高画質な4K映像として投写可能。
  • 上下方向±60%、左右方向±10%のレンズシフトが可能なため、多様な設置に対応。
  • 複数のプロジェクターの映像をつなぎ合わせて投写する「エッジブレンディング」機能を搭載。隣り合う映像のつなぎ目の明るさを調整し、滑らかな大画面投写が可能。
  • 「サブピクセル補正」機能により、小さな色ずれを0.1画素単位で電気的に補正可能。

Twitter