ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

GIGA TANK搭載インクジェット複合機発売

  • GIGA TANK搭載インクジェット複合機発売

2019年08月30日 特大容量タンク「GIGA TANK」を搭載したビジネス向け新製品
インクジェット複合機“G7030/GM4030”を発売

特大容量タンク「GIGA TANK(ギガタンク)」を搭載したインクジェットプリンターの新製品として、カラー複合機“G7030”と、モノクロ複合機“GM4030”を2019年11月上旬より発売します。
新製品は、いずれも大量印刷と低ランニングコストを実現する「GIGA TANK」を搭載し、“G7030”はADF(自動原稿送り装置)やファクス機能を搭載したカラー複合機、“GM4030”はADF搭載のモノクロ複合機です。オフィスや店舗などでファクスを使用し、普通紙でのカラー印刷の頻度が高いユーザー向けの“G7030”と、ビジネス文書などのモノクロ印刷が中心のユーザー向けの“GM4030”の発売により、「GIGA TANK」搭載モデルのラインアップを拡充し、幅広いユーザーのプリントニーズに応えていきます。
 

■特大容量タンク「GIGA TANK」と大量給紙により高生産性を実現

“G7030”は、ブラックインクボトル(別売り)1本分の容量で約8,300ページ※1、カラーインクボトル(シアン/マゼンタ/イエロー・別売り)の場合は約7,700ページ※1の大量印刷が可能です。インクコストは2機種ともA4モノクロ文書1ページ当たり約0.4円※2、“G7030”はA4カラー文書1ページ当たり約0.9円※2と低ランニングコストを実現しています。また、最大250枚積載可能な給紙カセットと、背面給紙を合わせて最大350枚の大量給紙による高い生産性を実現しています。さらに、2機種とも最大35枚積載可能なADFの搭載により、スキャンやコピーの際にカバーを開けることなく原稿の連続読み取りが可能になり、業務効率の向上に貢献します。
 

■幅広いビジネスニーズに応える多彩な機能

“G7030”はブラック2本とカラー各色1本ずつ、“GM4030”はブラック2本のインクボトルを本体に同梱しています。独自のブラックインクにより、高濃度でくっきりとした視認性の高い印字が可能です。“G7030”はファクス機能を搭載し、“GM4030”はモノクロ複合機でありながら、 カラーのインクカートリッジ(別売り)を装着※3することでカラー印刷も可能となり、ビジネスシーンにおけるさまざまニーズに対応することができます。
  • 1 エコノミーモード時。標準モード時はブラックインクボトル(別売り)1本分の容量で約6,000ページ、カラーインクボトル(シアン/マゼンタ/イエロー・別売り)の場合は約7,700ページ。印字可能枚数は、A4カラー文書ISO/IEC 24712を使用し、キヤノン独自の測定方法で算出したものです。なお、“GM4030”はブラックインクボトル1本分の容量で約8,300ページ(エコノミーモード時)。印字可能枚数は、A4モノクロ文書ISO/IEC 19752を使用し、キヤノン独自の測定方法で算出したものです。いずれも、初めてプリンターを使用する際に充填したインクボトルではなく、2回目以降に充填するインクボトルを使用して算出しています。
  • 2 税別。普通紙使用時。標準モード時。インクコストは「家庭用インクジェットプリンターの印刷コスト表示に関するガイドライン」〈一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)制定〉に従い記載しています。測定環境の詳細は、キヤノンホームページをご参照ください。
  • 3 カートリッジ装着後は速やかに使い切ることを推奨しています。
製品名 型番 商品コード JANCD 定価 発売日
キヤノン インクジェット複合機 G7030 G7030 3114C001 4549292151442 オープン 2019年11月上旬
キヤノンインクジェット複合機 GM4030 GM4030 3111C001 4549292152500 オープン 2019年11月上旬

<主な特長>

1.特大容量タンク「GIGA TANK」と大量給紙により高生産性を実現

  • 特大容量タンク「GIGA TANK」を搭載し大量印刷が可能。「GIGA TANK」は、ふたを開けてインクボトルを挿すだけでインクが注入され満タンになると自動で注入が終了するため、簡単にインク補充が可能。
  • “G7030”はブラックインクボトル(別売り)1本分の容量で約8,300ページ、カラーインクボトル(シアン/マゼンタ/イエロー・別売り)の場合は約7,700ページの大量印刷が可能。
  • “GM4030”はブラックインクボトル1本分の容量で約8,300ページの印刷が可能。(エコノミーモード時)
  • インクコストは2機種ともA4モノクロ文書1ページ当たり約0.4円、“G7030”はA4カラー文書1ページ当たり約0.9円と低ランニングコストを実現。
  • インク残量通知機能を搭載。残量が少なくなると通知し、印刷途中のインク切れ防止に貢献。
  • 高密度プリントヘッドFINE技術により、2機種ともA4でモノクロ約13ipm、“G7030”はカラー約6.8ipmの高速プリントを実現。
  • 最大250枚積載可能な給紙カセットを搭載。背面給紙と合わせ最大350枚の大量給紙が可能。
  • 自動両面印刷に対応し、効率的に用紙を利用することが可能。
  • 2機種とも、プリントに加えて、スキャンやコピーが可能。最大35枚の原稿を積載可能なADFを搭載。
  • プリントヘッドをオンラインショップや店頭で購入できるため、ユーザーが自分でヘッドを交換することが可能となり、ダウンタイム低減に寄与。

2.幅広いビジネスニーズに応える多彩な機能

  • “G7030”はブラック2本とカラー各色1本ずつ、“GM4030”はブラック2本のインクボトルを本体に同梱。
  • 独自のブラックインクにより、高濃度で視認性の高い印字が可能。
  • “G7030”はファクス機能を搭載しているため、ビジネスでファクスを使用するユーザーに対応。
  • “GM4030”はモノクロ複合機でありながら、カラーインクカートリッジ(別売り)を装着することで、カラー印刷にも対応。
  • Wi-Fiと有線LANの両方に対応しているため、オフィスレイアウトやビジネススタイルに応じて、フレキシブルに設置可能。
  • 無料アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」によりスマホやタブレット内の文書やウェブページ、写真などをワイヤレスでプリントが可能。また、コピーやスキャンなどの本体操作が可能。さらに、各種ストレージサービスなどと連携しクラウド上の写真や文書を簡単にプリントでき、スマホやタブレットから印刷指示が可能。
  • 無料ソフトウエア「PosterArtist Lite」を使用すれば、約200種類のテンプレートからデザインを選択し、写真やクリップアートなどの素材を自由に使い、チラシなどを簡単に作成することが可能。
  • ウェブページの印刷はAndroidのみ対応。
  • Androidは、Google LLC の商標または登録商標です。
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。

Twitter