ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

PowerShot G5 X Mark II PowerShot G7 X Mark III

  • プレミアムコンパクトカメラGシリーズを2機種発売

2019年07月09日 プレミアムコンパクトカメラGシリーズ"PowerShot G5 X Mark II”、
“PowerShot G7 X Mark III”を2019年8月上旬より発売します。

プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として、ポップアップ式のEVF(電子ビューファインダー)を採用し、携帯性を高めた“PowerShot G5 X Mark II”、ライブ配信サービスに対応した“PowerShot G7 X Mark III”を2019年8月上旬より発売します。
新製品“PowerShot G5 X Mark II”“PowerShot G7 X Mark III”
“PowerShot G5 X Mark II”は、内蔵EVFとバリアングル液晶モニターで好評を得た従来機種「PowerShot G5 X」(2015年10月発売)をリニューアルし、撮影スタイルにこだわりを持つハイアマチュアユーザーのニーズに対応します。
“PowerShot G7 X Mark III”は、従来機種「PowerShot G7 X Mark II」(2016年2月発売)をリニューアルし、新たに4K動画撮影機能を搭載するなど、手軽に動画を楽しみたいユーザーに対応します。

PowerShot G5 X Mark II

■ ポップアップ式EVFによりコンパクトボディーとファインダー撮影を両立

ポップアップ式のEVFを格納することで、携帯しやすい約110.9mm(幅)×約60.9mm(高さ)×約46.0mm(奥行き)のコンパクトサイズを実現しています。
0.39型・約236万ドットの高精細有機ELパネルを採用したEVFを搭載しており、ファインダーによる快適な撮影が可能です。
 

■ 積層型CMOSセンサーとDIGIC 8の組み合わせにより動画と高速連写の性能が向上

1.0型・有効画素数約2010万画素※1の積層型CMOSセンサーをキヤノンで初めて採用し、映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上しました。
また、キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影※2を実現しており※3、レンズの画角を生かして風景など広角で撮影したいシーンで活用できます。
さらに、最大約30.0コマ/秒※4の高速連写ができるため、撮影者の狙った大切な瞬間を撮影できます。
 

■ 新設計の大口径レンズによる明るく豊かな表現力

新設計の大口径で明るい光学5倍ズームレンズ(24-120mm相当※5/F1.8-F2.8)により、広角から望遠まで幅広い撮影表現ができ、
暗いシーンでもブレやノイズを抑えて、高画質に描写することが可能です。
また、マクロ(近接)撮影では、広角側の球面収差を改良し、良好な解像感を得られます。
  • 1 総画素数は約2090万画素。
  • 2 4K(30p/25p)、自動水平補正 OFF、手ブレ補正設定OFF時。ハイフレームレート動画の場合、フルHD(120p/100p)。
  • 3 同時発表となるPowerShot G7 X MarkⅢでも同様に実現。
  • 4 RAWバーストモード時、AF固定で最大約70コマ(プリ撮影を含む)撮影可能。
  • 5 35mmフィルム換算。

PowerShot G7 X Mark III

■ 積層型CMOSセンサーとDIGIC 8の組み合わせにより動画と高速連写の性能が向上

1.0型・有効画素数約2010万画素※1の積層型CMOSセンサーをキヤノンとして初めて採用し、映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上しました。
キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影※2を実現しており※3、レンズの画角を生かして風景など広角で撮影したいシーンで活用できます。
また、最大約30.0コマ/秒※4の高速連写ができるため、撮影者の狙った大切な瞬間を撮影できます。
さらに、「縦位置情報の付加」機能により、カメラを縦位置で撮影した動画でも、スマートフォンやPCで、自動的に縦位置で再生できます※5
また、自分撮り動画も液晶モニター上の動画ボタンをタッチするだけで撮影できます。
 

■ ライブ配信サービスによりカメラ本体のみで簡単にYouTubeでのライブ配信が可能

動画をインターネット上に送信するための配信ユニットを用意しなくても、Wi-Fiに接続することにより、カメラ本体のみでYouTubeでのライブ配信ができます※6
ポケットWi-Fiやテザリングなどを用いることで、外出先でもリアルタイムに配信することができます。
 

■ 大口径レンズによる明るく豊かな表現力

大口径で明るい光学4.2倍ズームレンズ(24-100mm相当※7/F1.8-F2.8)により、暗いシーンでもブレやノイズを抑えて、高画質に描写することが可能です。
9枚羽根の虹彩絞りにより、美しいボケ味や夜景のきれいな光芒(こうぼう)を表現できます。
  • 1 総画素数は約2090万画素。
  • 2 4K(30p/25p)、自動水平補正OFF、手ブレ補正設定OFF時。ハイフレームレート動画の場合、フルHD(120p/100p)。
  • 3 同時発表となるPowerShot G5 X Mark IIでも同様に実現。
  • 4 RAWバーストモード時、AF固定で最大約70コマ(プリ撮影を含む)撮影可能。
  • 5 デバイス側のアプリケーションの仕様によって制限が起きる場合があります。カメラ上での縦位置再生はできません。
  • 6 事前にCANON iMAGE GATEWAYへの登録が必要。必要に応じて、公開先やイベントをスマートフォンや PCから事前設定しておく必要があります。
      YouTubeでのライブ配信は、予告なく変更・停止・終了することがあります。
      YouTubeでのライブ配信を含め、第三者が提供するサービスについて、キヤノンはいかなる責任も負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • 7 35mmフィルム換算。

発表・発売の概要

製品名 型番 商品コード JANCD 定価 発売予定日
PowerShot G5 X Mark II PSG5X MARKII 3070C004 4549292119114 オープン 8月上旬予定
PowerShot G7 X Mark III(BK) PSG7X MARKIII(BK) 3637C004 4549292137743 オープン 8月上旬予定
PowerShot G7 X Mark III(SL) PSG7X MARKIII(SL) 3638C004 4549292137804 オープン 8月上旬予定
CSC-11(BK) CSC-G11BK 4282C001 4957792149027 オープン 8月上旬予定
CSC-12(BK) CSC-G12BK 4283C001 4957792149102 オープン 8月上旬予定

PowerShot G5 X Mark IIの特徴

1.ポップアップ式EVFによりコンパクトボディーとファインダー撮影を両立

外観比較、「タッチ&ドラッグAF」使用イメージ
  • 収納可能なポップアップ式EVFを採用することで、より携帯性に優れた約110.9mm(幅)×約60.9mm(高さ)×約46.0mm(奥行き)のコンパクトサイズを実現。
    従来機種「PowerShot G5 X」より37g軽い約340gに軽量化。
  • 約236万ドットの0.39型有機ELを用いたEVF により、ファインダーによる快適な撮影を実現。
  • アイセンサーにより、ファインダー表示とライブビュー表示を自動切り換え。
  • ファインダー撮影時には、タッチ操作が可能なチルト式タッチパネルとEVFが連動。
    EVF上に表示されたAF枠を液晶モニターにタッチすることで移動できる「タッチ&ドラッグAF」機能を搭載しており、EVFから目を離すことなく、直感的なピント合わせを実現。
  • 連続撮影中にブラックアウトせずに被写体を見続けることができ、変化や動きを逃さずに撮影可能。
  • バッテリーパック・メモリーカード含む(CIPA準拠)。

2.積層型CMOSセンサーとDIGIC 8の組み合わせにより動画と高速連写の性能が向上

クロップあり/なしの違い
  • 1.0型・有効画素数約2010万画素の積層型CMOSセンサーをキヤノンで初めて採用。映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上。
  • キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影を実現。レンズの画角を生かして風景など広角で撮影したいシーンで活用が可能。
  • 4Kで撮影した動画は、カメラの操作で静止画として切り出すことが可能※1
    これにより、4K動画で撮影し、後から静止画を切り出して活用することもでき※2、大切な瞬間を動画と静止画の両方で気軽に残すことが可能。
  • 最大約30.0コマ/秒の高速連写でRAW※3 画像を連写できる「RAWバーストモード」を搭載。
  • RAWバーストモードではシャッター半押し状態で撮影を開始し、シャッター全押しの最大約0.5秒前から記録できる「プリ撮影」が可能。
  • ドライブモードの連写でもAF固定で最大約20.0コマ/秒、AF追従でも最大約8.0コマ/秒の連続撮影が可能。
  • 明るさやコントラストを自然な印象に自動補正する「オートライティングオプティマイザ」を搭載し、従来よりも白トビや黒つぶれの少ない階調豊かな表現を実現。
  • DIGIC 8の搭載により、高感度撮影時の良好なノイズ耐性や解像感を実現し、最高ISO感度12800(拡張時:25600相当)で静止画の撮影が可能。
  • 1 動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。静止画のアスペクト比は16:9です。
  • 2 切り出された静止画をカメラでトリミングすることはできません。フルHD、HD動画のフレームの切り出しはできません。
  • 3 フォーマットは「.CR3」。

3.新設計の大口径レンズによる明るく豊かな表現力

マクロで撮影した花びら
  • 新設計の大口径で明るい光学5倍ズームレンズ(24-120mm相当/F1.8-F2.8)により、広角から望遠まで幅広い撮影表現ができ、暗いシーンでもブレやノイズを抑えて、高画質な描写を実現。
  • マクロ(近接)撮影では、広角側の球面収差を改良し、良好な画質を実現。
  • 通常モード時のテレ端での最短撮影距離※1を20cmに短縮し、ハーフマクロ同等の最大撮影倍率0.47倍※2を実現。
  • 9枚羽根の虹彩絞りにより美しいボケ味や夜景のきれいな光芒(こうぼう)など、広角から望遠まで幅広い撮影表現が可能。
  • 1 レンズ先端からの距離。
  • 2 アスペクト比3:2時、35mmフィルム換算。

4.Wi-Fi/Bluetooth® など撮影後の楽しみを広げるネットワーク連携

  • スマートフォン(スマホ)などの携帯端末への接続手段として、Wi-Fiに加え、Bluetooth接続にも対応※1、2
    初回接続時にペアリング設定をすることで、カメラとスマホ使用時にBluetoothで自動的に接続。
    また、画像転送時は、BluetoothからWi-Fiへ自動的に切り替わるため、カメラ側での手動のWi-Fi接続操作が不要となり、簡単に画像送信をすることが可能。
  • Wi-Fiに接続されているスマホに撮影と同時に画像を自動送信できる「撮影時画像自動送信」を搭載※2、3
    また、カメラ内データの閲覧や転送において、4K動画の転送にも対応※4
    カメラ内の4K動画をフルHDに変換して送信することで、4K動画のまま転送するより早く、SNSやスマホでの再生で汎用性がある動画として取り込むことも可能。
  • 1 Bluetooth Low Energy技術に対応。
      以降の表記においてはBluetoothと記載。
      Bluetooth機能の動作条件は、接続機器がiOS/Android :Bluetooth 4.0以上を搭載するデバイスです。
      ただし、上記の動作条件を満たす機器であっても、機種によっては、Bluetooth接続ができないものがあります。
      Bluetooth接続ができない場合、一部の位置情報付与の機能が使用できません。
      Bluetooth接続ができない場合でも、機器とWi-Fi接続による画像の転送、リモート操作は可能です。
      また、Bluetooth接続には、事前にカメラと携帯端末をペアリングさせておく必要があります。
  • 2 カメラと携帯端末のWi-FiやBluetoothでの接続には、キヤノン専用アプリケーション「Camera Connect」のインストールが必要。
      「Google Play」「App Store」より無料でダウンロードが可能。
  • 3 オリジナルデータ(JPEG)やリサイズした縮小画像が送信可能です。
  • 4 4K動画のまま転送することも可能ですが、スマホによっては再生できない場合があります。

PowerShot G7 X Mark IIIの特徴

1.積層型CMOSセンサーとDIGIC 8の組み合わせにより動画と高速連写性能の向上

クロップあり/なしの違い
  • 1.0型・有効画素数約2010万画素の積層型CMOSセンサーをキヤノンで初めて採用。映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上。
  • キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影を実現。レンズの画角を生かして風景など広角で撮影したいシーンで活用が可能。
  • 4Kで撮影した動画は、カメラの操作で静止画として切り出すことが可能※1。これにより、4K動画で撮影し、後から静止画を切り出して活用することもでき※2
    大切な瞬間を動画と静止画の両方で気軽に残すことが可能。
  • 「縦位置情報の付加」機能により、カメラを縦位置で撮影した動画でも、スマートフォンやPCで自動的に縦位置で再生することが可能。
  • 液晶上に表示される動画撮影ボタンをタッチするだけで簡単に自分撮り動画を撮影可能。
  • 最大約30.0コマ/秒の高速連写でRAW※3画像を連写できる「RAWバーストモード」を搭載。
  • RAWバーストモードではシャッター半押し状態で撮影を開始し、シャッター全押しの最大約0.5秒前から記録できる「プリ撮影」が可能。
  • ドライブモードの連写でもAF固定で最大約20.0コマ/秒、AF追従でも最大約8.3コマ/秒の連続撮影が可能。 
  • 明るさやコントラストを自然な印象に自動補正する「オートライティングオプティマイザ」を搭載し、従来よりも白トビや黒つぶれの少ない階調豊かな写真が撮影可能。
  • DIGIC 8の搭載により、高感度撮影時の良好なノイズ耐性や解像感を実現し、最高ISO感度12800(拡張時:25600相当)で静止画の撮影が可能。
  • 1 動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。静止画のアスペクト比は16:9です。
  • 2 切り出された静止画をカメラでトリミングできません。フルHD、HD動画のフレーム切り出しはできません。
  • 3 フォーマットは「.CR3」。

2.ライブ配信サービスによりカメラ本体のみで簡単にYouTubeでのライブ配信が可能

開発中のトライポッドグリップ(別売りの外付けマイク装着時)
  • スマートフォンやPCなどから公開範囲やイベントを事前に設定していれば、Wi-Fiに接続するだけで、配信ユニットを用意することなくカメラ本体のみでYouTubeでのライブ配信が可能
  • ポケットWi-Fiやテザリングを用いることで、外出先からでも撮影した動画をリアルタイムで配信。
  • 「いますぐ配信」と「イベント配信」を選択できると同時に、公開範囲の確認も可能。
  • プレビュー配信にも対応しており、配信する映像を非公開で事前に確認することも可能。
  • 内蔵マイクに加え、外付けマイクが装着でき、音にこだわるユーザーのニーズに対応。
  • 開発中のトライポッドグリップ(HG100-TBR)を用いると、自撮りを含めた動画撮影シーンが拡大。
    このグリップは、米国で開催される展示会VidCon(2019年7月10日~7月13日)などで、順次参考出品する予定。
  • ライブ配信では、フルHD(30p/25p)の動画データがYouTubeへ配信されます。カメラに動画は記録されません。

3.大口径レンズによる明るく豊かな表現力

  • 光学4.2倍ズームレンズ(24-100mm/F1.8-F2.8)により、幅広い画角で暗いシーンでもブレやノイズを抑えて、高画質に描写することが可能。
  • 9枚羽根の虹彩絞りにより美しいボケ味や夜景のきれいな光芒(こうぼう)を表現可能。

4.コンパクトボディーに充実した機能を搭載

  • グリップのホールド性を確保しながらも従来機種より厚みを約0.8mm削減し、約105.0mm(幅)×約60.9mm(高さ)×約41.4 mm(奥行き)のコンパクトボディーと従来機種より15g軽い約304gを実現。
  • 液晶モニターは、約104万ドットのチルト式タッチパネルを採用。上方向に約180°、下方向に約45°可動し、ハイアングル、ローアングルでの撮影や自分撮りをサポート。
  • EOS Mシリーズで好評の「クリエイティブアシスト」をキヤノンのコンパクトデジタルカメラとして初搭載。平易な言葉で、簡単に画づくりを楽しむことが可能。
  • パノラマショットモードにより、連写した写真をカメラ内で自動合成し、一枚のパノラマ写真を作成可能。
  • 撮影回数やピントのステップ幅を任意に変更して撮影できるフォーカスブラケットを搭載。
    深度合成機能のあるキヤノン製ソフトウェアDigital Photo Professionalなどを使用すると、撮影した画像から広い範囲にピントの合った画像を生成することが可能。
  • 質量はバッテリーパック・メモリーカード含む(CIPA準拠)。

5.Wi-Fi/Bluetooth® など撮影後の楽しみを広げるネットワーク連携

  • スマートフォン(スマホ)などの携帯端末への接続手段として、Wi-Fiに加え、Bluetooth接続にも対応※1,2
    初回接続時にペアリング設定をすることで、カメラとスマホ使用時にBluetoothで自動的に接続。
    また、画像転送時は、BluetoothからWi-Fiへ自動的に切り替わるため、カメラ側での手動のWi-Fi接続操作が不要となり、簡単に画像送信をすることが可能。
  • メニュー設定画面の「無線通信設定」のタブにより、他の撮影設定と同様に、簡単な操作で接続設定が可能。
  • Wi-Fiに接続されているスマホに撮影と同時に画像を自動送信できる「撮影時画像自動送信」を搭載※2,3
    また、カメラ内データの閲覧や転送において、4K動画の転送にも対応※4
    カメラ内の4K動画をフルHDに変換して送信することで、4K動画のまま転送するより早く、SNSやスマホでの再生で汎用性がある動画として取り込むことも可能。
  • 1 Bluetooth Low Energy 技術に対応。以降の表記においてはBluetoothと記載。
      Bluetooth機能の動作条件は、接続機器がiOS/Android :Bluetooth 4.0以上を搭載するデバイスです。
      ただし、上記の動作条件を満たす機器であっても、機種によっては、Bluetooth接続ができないものがあります。
      Bluetooth接続ができない場合、一部の位置情報付与の機能が使用できません。
      Bluetooth接続ができない場合でも、機器とWi-Fi接続による画像の転送、リモート操作は可能です。
      また、Bluetooth接続には、事前にカメラと携帯端末をペアリングさせておく必要があります。
  • 2 カメラと携帯端末のWi-FiやBluetoothでの接続には、キヤノン専用アプリケーション「Camera Connect」のインストールが必要。
      「Google Play」「App Store」より無料でダウンロードが可能。
  • 3 オリジナルデータ(JPEG)やリサイズした縮小画像が送信可能です。
  • 4 4K動画のまま転送することも可能ですが、スマホによっては再生できない場合があります。
  • Wi-Fi® 、Wi-Fi Alliance® 、WPA、WPA2およびWi-Fi Protected Setup™はWi-Fi Alliance の商標または登録商標です。
  • App Storeは、Apple Inc.の商標です。
  • Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、
      キヤノン株式会社はこれらの マークをライセンスに基づいて使用しています。
      その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
  • その他の社名、商品名などは、各社の商標または登録商標です。

 

Twitter