ただいま、WEBサイトリニューアルキャンペーン  ご契約いただいたご担当者にキャッシュバック実施中!

インクジェットプリンターGシリーズを発売

  • インクジェットプリンターGシリーズを発売

2019年05月28日

特大容量タンク「GIGA TANK」を搭載したインクジェットプリンター
“G6030/G5030/GM2030”を発売
特大容量タンク「GIGA TANK(ギガ タンク)」を搭載したインクジェットプリンターの新製品として、カラー複合機“G6030”、カラープリンター“G5030”、モノクロプリンター“GM2030”を2019年6月6日より発売します。
新製品3機種の発売に伴い、特大容量タンクに「GIGA TANK」と愛称をつけ、家庭における子どもの学習教材・レシピの印刷やビジネス文書の印刷など、普通紙で印刷する機会が多いユーザーのプリントニーズに対応するラインアップを拡充いたします。

■ 特大容量タンク「GIGA TANK」と大量給紙により高生産性を実現

“G6030/G5030”はブラック2本とカラー各色1本ずつのインクボトルを本体に同梱しています。“G6030/G5030”はインクボトル各色1本でブラックは約8,300ページ※1、カラーは約7,700ページ※1の大量印刷が可能です。インクコストはA4モノクロ約0.4円※2、“G6030/G5030”はA4カラー約0.9円※2と低ランニングコストで気兼ねなくプリントできます。給紙は250枚積載可能な給紙カセットを搭載し、背面給紙と合わせて最大350枚の大量給紙による高い生産性を実現しています。

■ 新開発のブラックインクにより鮮明な印字が可能

新開発のブラックインクにより、高濃度でくっきりとした視認性の高い印字が可能です。 また、モノクロプリンター“GM2030”は、カラーのインクカートリッジ(別売り)を装着※3することで、カラー印刷にも対応します。
  • 1 エコノミーモード時。標準モード時はブラック約6,000ページ、カラー約7,700ページ。“GM2030”はブラック約8,300ページ(エコノミーモード時)。印字可能枚数は、A4カラー文書ISO/IEC 24712を使用し、キヤノン独自の測定方法で算出したものです。初めてプリンターを使用する際に充填したインクボトルではなく、2回目以降に充填するインクボトルを使用して算出しています。
  • 2 税別。普通紙使用時。標準モード時。インクコストは「家庭用インクジェットプリンターの印刷コスト表示に関するガイドライン」〈一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)制定〉に従い記載しています。測定環境の詳細は、キヤノンホームページをご参照ください。
  • 3 カートリッジ装着後は速やかに使い切ることを推奨しています。

 

インクジェットプリンター"G6030/G5030/GM2030"の発売の概要
製品名 型番 商品コード JANCD 定価 発売日
G6030 G6030 3113C001 4549292141061 オープン 2019年6月6日
G5030 G5030 3112C001 4549292141849 オープン 2019年6月6日
GM2030 GM2030 3110C001 4549292123036 オープン 2019年6月6日
インクボトルGI-30 PGBK GI-30 PGBK 3384C001 4549292132304 オープン 2019年6月6日
インクボトルGI-30 C GI-30 C 3397C001 4549292132328 オープン 2019年6月6日
インクボトルGI-30 M GI-30 M 3398C001 4549292132342 オープン 2019年6月6日
インクボトルGI-30 Y GI-30 Y 3399C001 4549292132366 オープン 2019年6月6日
プリントヘッド BH-30 BH-30 3420C001 4549292134766 オープン 2019年6月6日
プリントヘッド CH-30 CH-30 3429C001 4549292134834 オープン 2019年6月6日

 

<主な特長>

1.特大容量タンク「GIGA TANK」と大量給紙により高生産性を実現

G6030/G5030に同梱の大容量インクボトル
  • 特大容量タンク「GIGA TANK」を搭載し、大量印刷が可能。
  • “G6030/G5030”はブラック2本とカラー各色1本ずつ、“GM2030”はブラック2本のインクボトルを本体に同梱。
  • “G6030/G5030”はインクボトル各色1本(別売り)でブラックは約8,300ページ、カラーは約7,700ページの大量印刷が可能。
  • インクコストはA4モノクロ約0.4円、“G6030/G5030”はA4カラー約0.9円と低ランニングコストなため、気兼ねなくプリント可能。
  • 高密度プリントヘッドFINE技術により、3機種ともA4でモノクロ約13ipm、“G6030/G5030”はカラー約6.8ipmの高速プリントを実現。
  • 新たに250枚積載可能な給紙カセットを搭載。背面給紙と合わせ最大350枚の大量給紙が可能。給紙カセットの一部分を透明にし、カセットを引き出すことなく残量の確認が可能。
  • 自動両面印刷に対応し、効率的な用紙利用が可能。
  • “G6030”はカラー複合機として、プリントに加えて、スキャンやコピーが可能。
  • プリントヘッドを自分で交換することが可能となり、ダウンタイムの低減に寄与。
  • 普通紙への文書プリントスピードはISO/IEC 24734のオフィスカテゴリーテストによる片面印刷ESAT(Estimated Saturated Throughput)の平均値。「ipm」とは「image per minute」の略で、1分あたりに出力できる枚数もしくは面の数。
最大350枚の大量給紙イメージ図

2.新開発のブラックインクにより鮮明な印字が可能

  • 新開発のブラックインクにより、高濃度でくっきりとした視認性の高い印字が可能。
  • モノクロプリンター“GM2030”は、カラーインクカートリッジ(別売り)を装着することで、カラー印刷にも対応。
  • インク残量通知機能を搭載。残量が少なくなると通知し、印刷途中のインク切れ防止に貢献。
  • 特大容量タンク「GIGA TANK」に簡単にインクの補充が可能。タンクのふたを開けてインクボトルを挿すだけで、インクが注入され、満タンになると自動で注入が終了。
補充方法-1

3.Wi-Fi・クラウド対応など多彩なプリント機能

  • Wi-Fiに対応し、ワイヤレスでプリントできるため、設置場所の選択肢が拡大。
  • 有線LANに対応し、安定したデータ通信が可能。
  • 無料アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」により、スマートフォンやタブレット内の文書やウェブページ、写真などをワイヤレスでプリントが可能。また、スマホからコピーやスキャンなどの本体操作が可能。
  • 無料ソフトウエア「PosterArtist Lite」を使用すれば、テンプレートからデザインを選択し、写真やクリップアートなどの素材を自由に使い、チラシなどを簡単に作成することが可能。
  • 各種ストレージサービスなどと連携し、クラウド上の写真や文書を簡単にプリントでき、スマホやタブレットから印刷指示が可能。
  • スマートスピーカーに対応。話しかけることで、コンテンツの印刷やインクの残量などプリンターの状態確認が可能。
  • ウェブページの印刷はAndroidのみ対応。

主な製品仕様

各モデルの製品仕様の詳細は、ホームページ(canon.jp)をご参照ください。

Twitter